呼吸はヨガでは大切な要素ですが、ポーズや流派によって呼吸法は様々です。

ここでは「カパーラバティ」についてご紹介します。

カパーラバティとは「光る頭蓋骨」という意味です。

肺や頭の空気が換気され、スッキリする効果があるのがカパーラバティ呼吸法です。

背筋を伸ばして座り、お腹に力を入れて瞬間的に引き締め、鼻から空気を抜きます。

自然に自分の行いやすいリズムで行えばよいですが、最終的には1分間に120回ほど行えるのが理想です。

しかし、高度で危険性も高いため、完全呼吸法や腹式呼吸法を自然にこなせるぐらいでないとおすすめできません。

この呼吸法を行なっているときに、首や肩などが力んできたり、気分が悪くなるようなら、まだこの呼吸法をするためのペースができていないということです。

練習するときも、信頼のおける先生など、誰かに見てもらいながらやるようにしましょう。